読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘が児童水泳教室に通い始めました

子どもの体力をつけるには水泳教室がオススメだよとママ友に勧められました。

キッズスイミングスクール に関するウソ・ホント。

私は親に水泳を習ったんですけれども、それがすごく楽しくて今でも思い出すと胸がジーンと熱くなるほどなんです。水泳がニガテだった私が泳げるようになったのは両親のおかげかなと思っています。

スイミングスクールに通いながら自宅でもやっておきたいのが、体の柔軟性を保つストレッチです。体に柔軟性がないと動作の一つ一つに力が入ってしまい泳いでいても苦しく沈みやすくなってしまいます。またケガにつながらないためにも柔軟性が大切なのです。

最近気になってるんですけど、マスカラってちょっと使わずにおくと、すぐ固まっちゃいませんか。ドロッとしたマスカラをつけた日には…思いっきりパンダ状態ですよね。そこで固まったマスカラを見事に復活させる方法をさがしてみたところ、ありました!少量の乳液をマスカラの容器に入れてシャカシャカ振るだけなんです。入れる乳液の量さえ気をつければバッチリですよ。

話はコロッと変わりますが、亀の性別って、生まれた時の温度によって変わるということをご存知でしょうか。亀が生まれたときの温度が28度より高いとオス、28度より低いとメスが生まれるとのことなんです。不思議ですよね。

まずい!話がちぐはぐになってきました。

ところで、【2ちゃんねる】に書き込んでもスルーされてしまうことってあるんでしょうか。詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

今日は心を悩ませている問題を紙に書き出しビリっと破いてみるとすっきりするかも。あなたに良きことが雪崩のように起きますように。

?[PR]